大切なことは自然が - ②上関編

最終更新: 2019年6月22日

山口県上関町へ行ってきました。

ずーっと行きたかった場所。

原発予定地として指定され、以来地元住民の方々が反対運動をずっと続けている場所。

近年、Patagoniaからも活動支援を行なっていて、「奇跡の海 Sea of Miracles」ドキュメンタリーも製作された。

(詳しくは https://www.patagonia.jp/blog/2018/06/sea-of-miracles/

この動画はみんなにも見て欲しいと思います。


私はこの「シーオブミラクルズ」を見て初めて上関の原発問題について知りました。

その後も反対派・賛成派など物々しい話も聞いたりして自分の中で心に残っていました。


そしてこの4月に、上関ネイチャープロジェクトの高島美登里さんの話を聞く機会があり、

「未来の子供達に上関の素晴らしい自然を残したい」という言葉を聞いてすごく共感して、

ようやく自分の心が上関へ実際に行きたいという行動にうつせました。


原発問題を超えて、

素晴らしい自然を残したい。

子供達にそのまま残したい。

という気持ち。


私は地元の、母の故郷の裏山が産廃の最終処分場になってしまいました。

しかも子供の私はそれを知らずにいた。

阪神大震災の時、大量のがれきがそこへ毎日毎日運び込まれていました。


地元の方は「誰かが最後には受け入れなければいけない」と言っているのを聞いて

私はそれ以上言葉が出なかったけど、

そこで野菜や米を作っていて、私もそれを食べている。


だけど裏山はもう金輪際、子供が安全に遊べる場所では無くなってしまった。

子供の世代にゴミだけが残ってしまった。

そのことがすごく悔しくて悲しかった。


という経験があります。


だから遠く離れた上関のことが他人事でないと言うか、

実際見てみたいと思ったんです。




めーっちゃ綺麗だった!


これは長島の展望台から見た360の景色(の一部)


今回は上関ネイチャープロジェクト の自然体験ツアーに参加してきました。

スナメリウォッチングとビワ狩り体験。




漁師さんの船に乗って出発!海が近いです。

開始10分くらい船を走らせたところでいきなりスナメリがすぐ近くに出てきました!

鯨の仲間のスナメリは息継ぎしに水面に上がってくるんです。

灰色の体が見えて感動〜〜

実際はなかなか遭遇するのが難しいらしいのですが

一発で会えるなんて、はるばる6時間かけてやってきた甲斐がありました。


別の船では、子連れの群れも見えたそう。

夕方には100頭くらいのイルカもいたらしい。

いい天気で海も凪だったので、海の生き物DAYだったみたい。


そして祝島へ着いたら、無農薬のビワ狩り体験。



人生でこんなに甘くてみずみずしいビワを食べたことない。

そしてこんなに大量に食べたこともない。笑

実を噛んだ瞬間、果汁が飛ぶくらい。

お土産も持って帰れて大満足。



夜は宿泊先のマルゴトへ。

古民家を改修して、上関の自然を伝える場所であり、ゲストハウスとしても利用できます。


みんなで食べた夜ご飯は、漁師さんが取ってきた5キロを超える天然ブリ一本まるまるお刺身にして、ハモ、貝の炊き込みご飯、タイのあら汁で宴会〜

贅沢すぎる海の幸三昧でした。


翌日はのんびり過ごすことに。

橋を渡って、隣の島長島へ向かって展望台へ。

汗かき登った先には本当に素晴らしい絶景が。



風力発電は最近できてしまったのこと。

いる?コレ・・・

莫大な税金によって建てられたこの人工物がなければもっと素晴らしいのに。



海にも入りたかったので、せっかくだから海水浴場へ。

まだ水温は冷たいので足をつけるくらいだったけど、小魚がたくさん泳いですごい透明な海!

写真を撮りまくり、日向ぼっこして、心を無にしました。

自然に浄化されたなー。


名残惜しみながら、長い長い帰路へと着いたのでした。


まだ旅の余韻に浸っていますが、本当に良かった。

上関の地元の方は、「観光も何もないところ」と言っていましたが、

私はこの時代、人の手が加えられてない、いわゆる手付かずの自然がどれだけ大切かを感じています。

街なんて、もう少しの空き地もない。

田舎でも最近はどんどん池や山の斜面に太陽光発電のパネルが建てられてる。

不気味な景観だけが残されていく。


そんな中、「何もない」って言うのは新しい価値になっていくと思うんです。


それどころか、住んでいる島の周りの海に、スナメリやイルカが自由に生きている環境って、とんでもなく素晴らしい、貴重な場所だと思うんですけどね。


次回の上関ネイチャープロジェクトのツアーは、アカテガニの観察とシュノーケリング&BBQらしいですよ。気になる方はぜひリンクから見てくださいね。

また行きたいな〜〜。


 Email/mail@moriharu.net ©️ATSUKOWORKS   2014