「富士日記 (中)」より

最終更新: 2019年1月9日

すっかり春めいてきた今日。

冬からずっと読んでいた小説

「富士日記」武田百合子著

武田泰淳夫妻が、富士の裾野、どころか

富士山の結構登った場所に別荘を持ち、

そこで過ごす時間を妻の百合子さんが描いている本作。

何を食べたか、とか誰それさんの話、など

本当にプライベートな日記そのものなんだけど

読んでいるとホッとするし、

昔の山の暮らしにちょっと憧れます。


そんな中で見つけたこの話がすごく心に残った。


「昭和四十二年七月


新聞の古いのを見ていたら、こんな記事があった。地元向けのテレビ放送では、ときどき<農薬を飛行機から散布するから、養蜂家は気をつけるように>とか<どことかの養蜂が大量全滅した>とかいってることがあるので、ここに写しておく。


五月二十八日附毎日新聞、投書欄より。

ミツバチがやってたら…作家大江賢治 61

 大都会でミツバチの群れがきて殺虫剤で退治したというニュースのたびごと、ベトナムと同様、人間の無知さに心が寒くなります。いまは花どき、全国の養蜂家たちが春はじめ鹿児島から、花を追って北海道までトラックで移動して、聖書にもあるとおり、流れるミツを集めています。

 花どきの今の季節がかき入れどきで、わずか三週間しか生きていない働きバチは、一つの箱から分封します。前の女王バチが新しい女王バチに王座をゆずり、別天地を求めているのです。

この時期のミツバチは刺しません。体にとまっても大丈夫。あわてて手で払ったりしない限り、飼い主の人間を恋い慕っているのです。球型(女王バチを護衛して丸くなる)になったら、警察に届け、警官もあわてずに噴霧器で羽根をぬらし、袋で押えて保管して、近隣の養蜂家に渡してください。一群二万、一匹で千五百の花をまわって、やっと米粒ほどのミツを集めるのです。 (東京都中野区江古田)」




 Email/mail@moriharu.net ©️ATSUKOWORKS   2014