海は好きですか?

このブログを読んで頂きありがとうございます。


ところで、皆さんは海が好きですか?

子供の頃、浜辺で遊んだり、海水浴に行った思い出はありませんか?

または、大人になっても海のアクティビティを楽しんでおられる方もいるかもしれません。

あるいは、全く泳げないので海は無理という方も多いかもしれません。


私は海が好きです。

サーフィンが趣味で、かれこれ10年ほど続けていますが、

波に乗るのはもちろん、天気の良い綺麗な海に浮かんだり、浸ったりすると

すごい癒しの効果があるのか、その後元気に仕事したり頑張れるのです。


こういう経験をすると、

海の恵みとかをすごく感じるのと同時に、

これからもずっとこんな自然を残していきたいという気持ちが

当たり前の様に湧いてきます。


ですが、こういう自然の中で遊ぶ経験をしなかったり、

綺麗な環境に触れる機会が少ないと、

自然のことを大切にする気持ちって出てきにくいかもしれないなーと思うのです。


護岸工事でコンクリート固めになった川、


埋め立てでテトラや防波堤が延々と続く海岸線、


そういう景色しか、生まれた時から見ていなかったとしたら、

川や海など、自然というのは汚いもの汚れた場所と感じるかもしれません。


もともとは、近所のその川も葦の茂みや小魚が泳いでいた川だったのに…

その埋立地も、白砂と天然岩で囲まれた磯の浜だったのに…。



私は、自然の中で遊んだ後、

この環境を必ず先の子供たちの時代にも残していきたいと思うんです。


ところが、今朝のニュース。

沖縄・辺野古の埋め立てが強行・・・

完全にがっかりしました。

本当に悲しくなった。

一度壊したら、元には戻らないのに。


もし、生まれた時から、目の前にあった本当に美しい海が

無残に、自分たちの暮らしとは全く関係の無いものへと壊されてしまったら・・・

沖縄県民の方々の悲しみと怒りは想像を絶します。


もちろん基地は、沖縄と無関係では無いし、

それによって仕事を得ている人もいる。


なぜもっと対話できないんだろうと思う。

最近は国会でいきなり強行してなんでも決めてしまうように感じる。


ネイティブ・アメリカンの酋長達は、

重要な案件を審議する時、

7代先の子孫のことも考えて決定するという。


7代先のこの日本の自然はどうなっているんだろう?

すぐ目の前ばかり見ていちゃだめなんだ。




 Email/mail@moriharu.net ©️ATSUKOWORKS   2014