立春、新年が来た(感じ)

あっという間の1月でしたが、ようやく節分、立春です。


私は二十四節気のいわゆる「暦の上では」がなんとなく気分に合うというか、実感として近い感じがしています。


確かにまだ2月の中旬くらいまでは寒い日が続きます。


春という感じからは遠いように見えますが、お正月のあの暗いぼんやりした天気よりも、今日の立春の方が明らかに太陽光がしっかりしてきて、梅も少し咲き出したりして、「新春」という言葉がぴったりな感じがして好きです。


気分もなんとなく、改まる感じで、またここから少しずつ始めようという気持ちも高まってきます。


春はいいなあ。


私の名前、森 温(もりはる)は本名から取っていて、温という字は男性の名前では「はる」と読むことがあります。(TRFのサムさんの本名も温正だったような…笑)

そして、私は春生まれなのでちょうど合うなあと思って、「もりはる」という読み方にしました。


初めてお会いする方は、何これ?なんて読むの?とよく言われます…

過去には「こんな名前アカンよ」と面と向かっていきなり否定の人もいましたが…今思うとそんなこと言うあんたがアカンよと思いますが。


フリーで活動し始めてすぐ、私の尊敬する写真家 横山泰介さんにお会いしてお話しした時に、「いい名前だね」と言って下さったのがとても嬉しかったのを覚えています。


その一言で、それまでの嫌〜な思いが吹き飛んだ感じがしました。


好きな人に、良いねって共感してもらえることほど、励みになることはないですね。


その後も、気の合う方はみんないい名前だねと言ってもらえるようになりました。

私はこれからも、そういう方との出会いをすごく大切にしていきたいと思います。


反対意見も、参考になるときはあります。

でも、あんまり意見の合わない人と無理に頑張るのも、ある意味ストレスを自分で増やしている感じがするなあと思うんです。


以前に雑誌POPEYEで絵本作家の五味太郎さんが、「自分の作品に対して色々意見を言ってくる人からは、さっさと逃げたほうがいい」って話されてるのを読んで面白いなと思ったと同時に、やっぱりそれでいいよね!となんだか安心しました。笑


いよいよSpring has comeですね!

ワークショップの方も、始動していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします!



 Email/mail@moriharu.net ©️ATSUKOWORKS   2014