絵描きの日々

先日、友人に

「一番楽しそうなのはモリハルだよー!」

と言われました。

本人としては、

え?そうかな?・・・と。


私にとって、絵描きの日々はとても有り難いことです。

3年前に、「絵描きとして食べて行く!!」と決意したことが始まりで、

でもそう言ったものの、「はて、どうやって・・・?」という感じでした。


周りからも、

「公務員やめるなんて、もったいない。」

「何考えてるの?やっていけるわけない。」

「もうその歳で今更始めるなんて無謀だよ」とまで言われたこともありました。

その時は自分自身も、「はて、どうやって」期のど真ん中でもがいていたこともあり、

そういう心無い言葉がものすごくグサッと突き刺さりました。


前職の教師の経験では、お金を稼ぐ方法なんて全く知らないし、

もちろんデザイン事務所などの現場経験もない。

完全にどシロートが自分で勉強して切り開くしかない状況でした。


ただひたすら、大好きな海の絵を描き続け、

やり方も知らない営業をしたり、

とにかく地元から動いてみようといろんなことしました。

そのお金を捻出するためにバイトも掛け持ちして、

朝晩の合間に絵を描いていました。

(今思うと良くやってたよな〜。お陰でこの後、体を壊しますが・・・)


そんな私でも、お仕事を下さった人。

応援してくれた元同僚、友人、知人の方、何より家族に助けられ、

なんとかここまで続けてきたかなという感じです。


本当に感謝しかないです。


その反面、犠牲にしてきた部分も多くて、

体を酷使したり、経済的も困ったり、婚期を逃したり?!笑

大好きな海に行く時間も相当我慢しました。


でも絵を描くことを続けているんだよなあ・・・

ここまできたら修行か何かですね。笑

ただ、苦行じゃない。

やっぱり絵を描いて、それを通して人と繋がったり、喜んでもらえると嬉しいです。

それが生き甲斐だなと感じています。


最近は、SNSを通じて海外の方からの問い合わせがすごく多くて、

毎週どこかの国の方とやりとりしている状況です。

こんな絵描きの日々を少しでも発信し続けてきた甲斐があるってもんですね。

まさに「継続は力なり」だなあ。

大学教授が唯一教えてくれたこと、それは「やり続けるしかない」。

本当にその通りだよなあ。


だから、私は、

もし、この仕事が嫌だな とか こんなこと今からでもできるかなあ?と悩んでいる人がいたら、

「自分の好きなことをやるのが一番だよ!!」と言いたいです。

ただし、それには、「やり始めたらやめられない修行の始まりですよ〜」とも付け足しておきます。(^皿^)





 ©️ATSUKOWORKS   2014