1/29 絵本じゃないなあ



新しい絵本、

作品集、

BOOK、

なんて言ったらいいんだろ?! 最近、本屋さんや出版社さんへ売り込みに回っていると、

どうも「絵本」という言葉に引っかかってしまう感じがした。


これまで私の本の形になった作品のことを「#もりはる絵本」という名前にしていました。

それは、言葉の持つイメージがあったからです。

「作品が本の形になっている」というと、なんか文字先行の本と誤解されてしまうかも?

じゃあ、「絵本」というと?

その方が「ああ、絵の本なのね」とイメージしやすいかと思ったんです。


でも、実際、

「絵本」という言葉が、やはり子供向けとか教育とか。

なんかそういう縛りがすごくあるなと分かってきました。


個人的には、

カテゴリー分けみたいなものは、いつも越えたいと思うのですが。


そうじゃないと新しいものを作れないじゃないかと。


カテゴリーの中に囲われてしまうと、それこそ既成概念に囚われてしまう。

って思うんです。


私の本の形になった作品、

これはなんて呼べばいいのかなあ。

「絵の本」かな?

ぴったりくる日本語が思いつかないので

「ART BOOK」とか英語で言ってしまった方が良かったりして。


結局、今の所まだこれやな、というぴったりワードがないので

そのうち誰かに名付けてもらえたらいいなあ。

みうらじゅんさんとかに笑

みうらさんのネーミングセンスは本当に神やな〜

「おかんアート」とか最高!




 Email/mail@moriharu.net ©️ATSUKOWORKS   2014