8/1 絵本ウラ話(2)

さ〜絵本を作るぞ!と意気込んでスタートしたのが今年1月。

早いもんでもう8月に入ってしまいました。

こんなロングなプロジェクトは自分でも初めてです。

いや、初めてだからロングになったのか…笑


とにかく「初めて」ということは何かと大変だなあ、と

やってみて思うことばかり。


そもそも、去年の今頃までは「絵本」という言葉に全くピンとも来ていませんでした。


「森 温さんの絵は物語ができそう」と、

展示をするたびに、よく言われていました。


でも「絵本」って…

ストーリー考えなきゃダメでしょ?


当時の私はストーリー作りなんて自分には出来ない、

と勝手に決め込んでいました。


いやいや、ハリーポッターみたいな長編を考える必要なくない?

もっと短い内容でも良くないかな?


なんて気分に不思議となったのが今年に入ってから。


自分の中で、なんだか伝えたいことがフツフツと湧いてきたのです。


この数年、いろんな人といろんな話に沢山関わることが出来て、

その中で自分もいろんなことを考えてきました。


「あ、やっぱり自然と人の暮らしについて描きたいし、書きたいんだ。」

と気付きました。




有言実行が私のモットーです。

とにかくまず、周りの人に「絵本作る!!」と宣言しました。


とは言うものの、

ストーリーと絵はすぐに出来上がったけれど、

実際の「本の形」にするってどうしたら良いんだ・・・?!

頭にハテナマークが飛び散っていました。


たまたまその頃、知人に誘ってもらい、

兵庫は芦屋川にある古書店「風文庫」さんへ行く機会がありました。


沢山絵本があるということで、

私も何かヒントを得たいと思っていました。


そこでオーナーの長谷川さんと出会い、

絵本を作っていることをお話しすると、

「ぜひ絵本展やりましょう!」と一言。

しかも「製本している方を知っているよ」との有力情報!!


この言葉で私の絵本作りが一気に加速しました。



しかも、数年前にふと訪れていた古書店

「三鼓書房」の三鼓さんとも再会し、

「絵本作り手伝うよ!!」と

協力してもらえることにもなったのです。



不思議なもので、いつも何かをスタートする時、

わからなくて困っている時、

どこからか自分を助けてくれる人が現れる…



神様がどこかから見ていて

必要な人に合わせてくれているとしか思えない。


こういうのを「ご縁」というのかな。




そんなわけでバタバタの絵本制作、

製本については、書物研究会の高橋先生に教えてもらいながら

いよいよ完成に向けて猛ダッシュです。




現在、風文庫さんにおいて

「MY BOOK展」を(フライング気味に)開催しております!

絵本は来週末にお披露目予定です。

ぜひお越しください!


「風文庫」

2019.7/26〜8/21

11:00-19:00

定休日:火曜・木曜

*8/13-16は夏季休業中







 Email/mail@moriharu.net ©️ATSUKOWORKS   2014